OTTAVA Jazz
OTTAVA Jazz & Jazz Plus produced by JJazz.Net 2020年9月11日(金)
OTTAVA Jazz & Jazz Plus produced by JJazz.Net 2020年9月11日(金)

OTTAVA Jazz & Jazz Plus produced by JJazz.Net 2020年9月11日(金)

OTTAVA Jazz & Jazz Plus produced by JJazz.Net 2020年9月11日(金)
残席状況

¥55(税込)
枚数
お申し込み前に必ず下記の注意事項、各ポリシーをご確認ください



※この番組の販売期間(視聴可能期間)は放送終了後60日間です
(ご購入日からではありませんのでご注意ください)

------------------------------------

9月11日(金)OTTAVA jazz サラ・ガザレク特集
エラ・フィツジェラルド、サラ・ヴォーン、カーメン・マクレエ、ビリー・ホリデイ・・・と偉大なジャズヴォーカリストは沢山いますが、みなさんが好きな”現代ジャズ・ヴォーカリスト”はいったい誰でしょうか?

その定義はさておき、個人的には、ジャズスタンダードにこだわらない、シンガーソングライター的な印象だったり、ジャンルを超えた音楽性を持つヴォーカリストのことを指すのかなと思っています。

例えば「OTTAVA jazz」でもよくOAしているグレッチェン・パーラトやベッカ・スティーヴンス、カミラ・メサ。


彼女たちのクリエイティヴな表現やスキルフルで洗練されたヴォーカルにとても魅せられています。

と話は長くなりましたが本日プチ特集しているのが、同じく現代的なジャズヴォーカルを聴かせるサラ・ガザレク。2005年のデビュー作『Yours』以来、共作含め6枚のアルバムを発表、2019年リリースの最新作『ディスタント・ストーム』は2部門グラミー賞にノミネートされるなど、まさに現代ジャズヴォーカルを代表する一人。彼女のナチュラルで歌心溢れる歌声は日本でもファンが多いです。


今月9/2に日本独自企画によるサラ・ガザレクの世界初コンピレーションCD『ザ・シュプリーム・コレクション』がコアポートより発売されています。


http://www.coreport.jp/catalog/rpoz-10059.html

ということで本日このアルバムより数曲ピックアップしプチ特集。時間は19時台の頭です。

本日も18:00-22:00の4時間、ジャズと共にお過ごしください。

金曜日担当はオカムラです。

【9月11日(金)OTTAVA jazz OA楽曲】

■OTTAVA jazz

18:01 徳澤青弦 / 林正樹 : Utsuroi
18:07 林正樹: teal
18:11 東かおる / 西山瞳 : T.C.T.S.
18:16 Aca Seca Trio Trino : Formas
18:21 Grégory Privat L : Pasaj
18:25 André Mehmari, Chico Pinheiro, Sérgio Santos : Prana Prana
18:30 Ben Wendel : ハイ・ハート
18:36 Antonio Loureiro : Caipira
18:44 Mateo Stoneman : La Vitud De Cuba
18:47 Dos Orientales : Merry Christmas Mt. Lawrence
18:52 Alan Hampton : Every Living Part
18:56 CONVIANO : 雨音色
19:05 Sara Gazarek : これが恋かしら
19:09 Sara Gazarek : 花とミツバチ
19:12 Sara Gazarek : マイ・シャイニング・アワー
19:16 Sara Gazarek : そして今は…
19:22 Tatsuro Yokoyama : noc
19:26 Manuel Magrini : A child is born
19:32 Hania Rani / Dobrawa : テレフォヌィ(電話)
19:37 Alexandre Andres : Um Som Azul
19:45 Bert Seager Trio : Open Book
19:51 渡辺翔太 : かなめ

■OTTAVA jazz plus
20:00 Terri Lyne Carrington : Bells
20:07 Barney Mcall : Recurring Dream Of Invisible Fish
20:13 Gregory Privat : Cyparis
20:19 Nicki Parrott : Moon River
20:23 加藤真亜沙 : after the rain
20:30 Front Page Orchestra : Echoes Of The Forest
20:40 OGURA TAISHI QUARTET : Ron Ron
20:47 Gregory Porter : On MyWay to Harlem
20:55 山本玲子スクウェア・ピラミッド : Piano Song No.2
21:01 Michel Reis : How It All Began (The Story of Mr. Potes)
21:06 Slawek Jaskulke : NASTIC
21:14 Alexis Cole & One For All : All the Things You Are
21:19 池田篤 : John’s Jazz Store
21:29 Ryan Porter : Strasbourg / St. Denis
21:41 Alice Ricciardi : I Feel A Song Coming On
21:48 Nitai Hershkovits Trio : Bridge Under Water
21:52 南博トリオ : Like Someone in love

【Monthly Recommend】

■OTTAVA Jazz
Ben Wendel 「ハイ・ハート」
レーベル:コアポート(RPOZ10060)

アメリカ西海岸の人気ジャム・バンドのニーボディの中心人物としても記憶に新しいサックス奏者、Ben Wendelの2年ぶり5枚目の最新オリジナル・アルバム。
キーボードにシャイ・マエストロ、ジェラルド・クレイトン、ベース/ジョー・サンダース、ドラム/ネイト・ウッド、Voice /マイケル・マヨが参加。2019年のNYウィンター・ジャズ・フェスで結成され、以来ライヴを重ねていた新グループとのことで、演奏・錬度の高い楽曲群も納得のクオリティです。マイケル・マヨのボイスが新鮮な響きを与えています。

■OTTAVA Jazz Plus
Ryan Porter 「Strasbourg / St. Denis」
レーベル:rings(RINC66)

カマシ・ワシントンのバンドメンバーでも知られるトロンボーン奏者、ライアン・ポー ターによる、初のライブ・アルバムから。ライアンが師と仰ぎ続けてきた故ロイ・ハーグ ローヴが愛したパリのジャズ・クラブNew Morningで、彼の楽曲からスタートする、エキサイティングな熱気溢れるライブ盤。ということでOTTAVA_JAZZではもちろんこの曲“Strasbourg St. Denis”をレコメンドです。


JJazz.Net(ジェイジャズネット)

ジャズをキーワードにした無料のインターネット・ミュージックステーション。
「SESSION: MUSIC & LIFESTYLE」をテーマに、音楽と暮らしのセッションを展開しています。
現在ナビゲーターとして須永辰緒などが担当、各コンセプトに基づいたジャズの番組をお送りしています。こちらはオンデマンド放送ですので、いつでも好きな時に聴くことができます。ジャズをキーワードにした番組が色々ありますので、是非アクセスしてみて下さい。2020年は開局20周年!

https://www.jjazz.net


注意事項
申し込みの前に必ずご確認ください
・視聴方法はこちらからご確認いただけます。
・運営の状況により公演中止、または内容が変更される場合がございます。
・購入者ご本人様がログインの上、マイページより視聴可能です。URLの共有等では視聴できません。
・LIVE配信中は巻き戻しての視聴はできません。
・インターネットの接続、回線状況等により、動画視聴の品質が影響を受けることがございます。インターネット環境によって再生ができない場合、当社および商品提供会社はお客様に対して責任を負わないものとします。
・お客様都合によるキャンセル、返金はできません。
・権利保護のため、録音、録画、撮影等は一切禁止いたします。
・購入コンテンツは、視聴可能期間については、原則として継続的に再生可能です。
但し、次の場合は予告なしに再生できなくなることがあります。
 ・利用者が当サイトを退会した場合
 ・商品が販売終了になった場合
 ・ストリーミング期限が無期限から期限ありに変更され、失効した場合
 ・コンテンツ提供者による使用許諾制限がなされた場合
 ・その他の理由
※購入コンテンツのストリーミング再生ができなくなったとしても、当社および商品提供会社はお客様に対して責任を負わないものとします。
よくあるご質問